新着情報詳細

活動報告 2018年10月03日
とく・得バスツアーを開催しました!
好評!地域サロン交流「とく・得バスツアー」

草津市社協と草津市コミュニティ事業団との中間支援組織連携事業として始まった,地域サロン交流「とく・得バスツアー]は今年で4年目を迎えました。身近な地域の縁側から市内の施設へ出向く好評なツアーの様子をお伝えします。



第1回 水生植物公園みずの森へ


9月13日(木)に、水生植物公園みずの森に行きました。

 青地ひまわり会(志津)・ミニふれあいサロン「茶の間」(南笠東)・片岡町ほのぼのサークル「いきいき寿楽会」(常盤)のサロン、37人が参加しました。

園長からは、「台風21号の凄まじかった話」「ハスの育て方の話」「熱帯植物の話」について丁寧なお話しを聞き、質問も飛び交うほど盛り上がりました。

その後、思い思いの幾何学模様の「万華鏡」づくりや、午後からは、ボランティアでのクラリネット演奏を聴き、低音から高音まで幅広い音色にうっとりとし、楽しい一日を過ごしていただきました。


       



第2回 長寿の郷ロクハ荘へ


9月28日(金)に、ロクハ荘に行きました。

北五和みの会(渋川)・八千代ほほえみの会(山田)・ほのぼのサークル喜楽会(常盤)の3サロンから33人が参加しました。

午前中は、物づくりとしてリラックス効果のある「アロマワックスバー」を作りました。貝とドライフラワーで飾り付けをし、見た目も可愛く仕上がり素敵なお土産ができました。

昼食は、外でバーベキューをする予定でしたが、天気予報では雨ということで、楽しみにされていたサロンの皆さまには残念なことで申し訳ありませんでした。その代わりに、地域サロン応援の会「一心たすけ」の愛情たっぷりのカレー、サラダ、果物を美味しく召し上がっていただきました。

午後からは、コーヒーとお菓子で寛ぎながら、ロクハ荘の生活総合機能改善機器(フリーダム)を活用して脳のトレーニングやカラオケなどをして楽しい充実した一日を過ごしていただきました。


     


一覧はこちら
HPへもどる

© 2018 Kusatsu City Council of Social Welfare All Rights Reserved.