アクセス メール

ひきこもりについて考える講演会を実施します

「ひきこもりについて考える~地域としてできること~」講演会

1人でも多くの方にひきこもりについて理解を広げ、支え合うことができる地域づくりを推進していくことを目的に講演会を実施します。
ひきこもりについて現状を知り、地域でできることを一緒に考えてみませんか?

日時:令和5年2月7日(火)14:00~16:00
会場:草津市立市民総合交流センター
   キラリエ草津6階大会議室(草津市大路2丁目1-35)
定員:150名
対象:関心のある方ならどなたでも
入場料:無料
内容:1部 草津市の現状 公文 優子氏(フリータイム 相談員)
      フリータイムは、ひきこもりについての相談はもちろん、当事者が自立できるための自立訓練ができる機関です。
      草津市でひきこもり・不登校を支援する中で、感じる実態や家族・当事者が何に困っているのかなど支援者の立場からお話していただきます。

   2部 社会背景 池上 正樹氏(KHJ全国ひきこもり家族会連合会 理事、ジャーナリスト)
      専門家の立場からひきこもり当事者や家族が抱える課題、ひきこもりという問題が地域にどう影響するのか、地域として何ができるのかを
      お話していただきます。
 

 
ページトップへ