地域福祉活動 ―身近な福祉の活動はこちら―

生活支援体制整備

生活支援体制整備とは
 国では、今後高齢化が急激に進行することが予想されている中で、高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できるよう、地域での支えあいづくりの推進を掲げています。その施策として、「地域資源や困りごとの情報収集・資源開発などのコーディネート機能を担い、地域住民や関係機関が情報共有し、連携を強化していく場(協議体)」の設置や、「地域支え合い推進員(生活支援コーディネーター)」の配置を通じて、地域での支え合い活動を広げるための取り組みが進められています。
 草津市社会福祉協議会においても、「生活支援体制整備事業」を草津市から受託し、特に高齢者等を地域で支える仕組みづくりを考える「医療福祉を考える会議」を小学校区域にて推進・展開しています。
医療福祉を考える会議とは
 医療福祉を考える会議とは、高齢者の暮らしの問題を真ん中に置いて、みんなで「共感」し、問題を学区全体で解決していきたいこと・支えていくことを丁寧に考えていく場です。また、会議で話し合ったことを、多くの人に伝えて広げていくことで、「共鳴」していく場でもあります。
 草津市では、12学区で医療福祉を考える会議を実施しており(※令和元年度)、学区それぞれでテーマを考え、話し合いを進めています。
・開催主体 地域の団体、市社会福祉協議会、地域包括支援センター など
・メンバー (地域で活動をしている人や組織。地域の実情に合わせて選定)
  • 地域:地域が適当と認める人、団体、組織(学区社会福祉協議会、まちづくり協議会、民生委員児童委員 等)
  • 医療・介護:医師(地域の開業医)、介護サービス事業者(ケアマネジャー、訪問看護、小規模多機能型居宅介護 等)
  • 市社会福祉協議会、地域包括支援センター、行政(長寿いきがい課、地域保健課)
・実施回数 年2~3回
■ 医療福祉を考える会議のフローチャート
 
サムネイル
【PDF形式:115KB】
■ 草津市の医療福祉を考える会議の進展と目標
 
サムネイル
【PDF形式:262KB】
令和元年度実績
学区 開始
年度
令和元年度 延べ
本番会議
開催数
主なテーマ 本番会議開催数
(会議開催にあたる打合せ等の支援回数)
志津 H27 志津のあんしんつながりノートのバージョンアップ 3回 (18回) 17回
志津南 未実施 会議の開催に向けて、福祉フォーラムを企画 (4回)
草津 H30 一緒に地域づくり 2回 (5回) 4回
大路 未実施 支えあいの機運を高める (0回)
渋川 H27 「定期的な病気相談会」や「よろず相談会」の開催に向けて 1回 (8回) 8回
矢倉 H27 居場所を広げよう 2回 (11回) 12回
老上 H24 命のバトンの作成に向けて 1回 (40回) 18回
老上西 H24 安心声掛け訓練の実施 2回 (11回) 18回
玉川 H29 施設に出向き、専門職からの話を聞く 2回 (24回) 7回
南笠東 H28 健幸に生きるために必要なことを学ぶ 0回 (8回) 6回
山田 H25 地域と専門職が共に連携して支えあいを広げるには 2回 (15回) 17回
笠縫 H28 ふれ愛おでかけ模擬体験の実施 13回 (17回) 24回
笠縫東 H24 学区にある事業所を知ろう 1回 (14回) 17回
常盤 H27 学区で最期まで自分らしく生きるには 2回 (67回) 10回
21回 (275回) 151回

© 2021 Kusatsu City Council of Social Welfare All Rights Reserved.

Page Top