常盤学区社協 2021年03月16日
常盤学区でひとり暮らし高齢者給食事業を実施されました!
常盤学区社協では、年に3回(今年度は8月、12月、3月)学区内のおひとり暮らしの高齢者を対象に、給食事業をしています。

 8月は食中毒防止のためお菓子の配布になりましたが、12月と3月は、健康推進員と健康推進協力員が手作りされたお弁当を、民生委員・児童委員がお一人お一人に配られました。(8月:62人、12月:59人、3月:65人)

 3月には、常盤小学校4年生が折り紙で作成されたフラワープレゼントも配られました。本来であれば、小学生と民生委員・児童委員が一緒に訪問しフラワープレゼントをお渡しする予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、今回は民生委員・児童委員のみで配られることになりました。

 高齢者の皆さんは、民生委員・児童委員の「体調に変化はないですか?困りごとはないですか?」等の声掛けとともに届けられるお弁当を心待ちにしておられ、笑顔が印象的でした。

 お弁当のお渡しを通じて、ひとり暮らし高齢者への声掛け、見守り運動にもつながっており、コロナ禍であっても、今後も高齢者の方が住み慣れた地域で安心して暮らせるための取り組みを進めていきます。

© 2021 Kusatsu City Council of Social Welfare All Rights Reserved.

Page Top