アクセス メール

会長挨拶

会長就任のご挨拶

社会福祉法人 草津市社会福祉協議会 会長 清水和廣

 私は、令和3年6月18日開催された定時評議員会にて、任期満了に伴う次期役員の理事に選任いただき、同日開催された理事会にて理事の皆様のご推挙とご賛同を賜り、会長の要職を再度、拝命いたしました。

 微力ではございますが、これまでの5期10年の経験を踏まえまして、草津市社会福祉協議会の円滑な運営と地域福祉の充実に向けて、その職責を全うするべく努めてまいる所存でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 さて、昨年から続く新型コロナウイルス感染症の関係により、市域や地域、町内会などの活動が中止や延期、あるいは活動内容の縮小などに見舞われ、地域福祉活動の停滞が続いています。また、経済活動も低調で、経済的困窮者の増加や今まで全国的な傾向として言われていた多くの生活課題や地域課題が草津市でも浮き彫りになってきました。

 このような中、地域福祉を推進する中核的な団体である草津市社協は、地域住民や福祉組織団体・関係者等との協働により、地域の生活課題の解決に取り組み、誰もが支え合いながら安心して暮らすことができる「ともに生きる豊かな地域社会」づくりを推進することが必要だと考えます。

 また、草津市社協は、今日まで、多くの市民、団体・企業等の会員の皆様に支えられてまいりました。中国の諺で、「疾風に勁草を知る」という言葉があります。これは、強い風が吹いて、本当に強い草と、そうでない草とが明らかになるという意味です。今年も、まだまだ、コロナ禍という強い風が吹いていくと思いますが、こうした中にあっても、我々の組織は、本当に強い草にならなければならないし、地域福祉の拠点としての真価が問われています。

 皆様方の暖かいお気持ちを忘れずに、役員・職員一同引き続き、皆様の信頼と期待に応えるため、地域住民の皆様とともに「こころ温かく支えあい住みつづけたい 福祉のまち・くさつ」の実現に向け、なお一層、地域福祉の充実に努めてまいりますので、皆様のご支援とご協力を切にお願い申し上げまして、会長就任のご挨拶といたします。

社会福祉法人 草津市社会福祉協議会 会長 清水和廣
ページトップへ